GoToトラベル実施中【最大50%お得】楽天トラベル▶▶▶

部屋の片付けの5つの手順【自分の部屋を綺麗にしたい!】

片付けしたい女性
片付けしたい女性

ものが多くて部屋がスッキリしない…。片付けのコツなんかないかな?

ケンタロー
ケンタロー

僕が実際にやっている部屋の片付けを5つの手順で紹介します。

本記事ではこんなことを書いていきます。

本記事の内容

  • 部屋の片付けの5つの手順とは
  • 物が捨てられない時は1年間を振り返ろう
  • 思い出の物は思い出ボックスに

最近まで部屋が散らかっていた僕ですが、外出自粛期間中に「せっかくだし部屋の片付けでもしようかな」と思った時に実践した方法です。

これから紹介する手順で片付けをすると見違える程部屋がスッキリすると思うので是非試してみてください。

部屋の片付けの5つの手順とは

片付けをして部屋をスッキリさせるにはこれから話す手順通り進めていくことが大切です。

全部出す

部屋の中にどんな物があるのかを把握するために全ての物を出しましょう。(そのためにはある程度スペースが必要かも)

いつも使っている物はもちろんのこと「久しぶりに見た」というも物も出てくると思います。

「久しぶりに見た」という物を見つけ出す作業になります。

要らない物を捨てる

全部外に出したらその中から要らないものを抽出しましょう。

普段使ってないのに部屋にある物が部屋が散らかってしまう大きな原因です。

要らないものをいかに捨てられるかが部屋をスッキリさせられるかのポイントです。

なかなか物を捨てられない方も多いでしょう。要らないものかどうかを判断するコツは後ほど紹介します。

普段使うものと使わないものとを分ける

要らないものを捨て終わったら、普段よく使うものと使う頻度が少ないものとを分けましょう。

普段よく使う物はすぐに手の届く場所に、使う頻度の少ない物は奥に収納するためです。

使うタイミング別に分ける

物にはどんなタイミングに使うかがある程度決まっています。

似たタイミングで使う物を同じ場所で管理するようにしましょう。

簡単な例を上げると、「紙はここにあるのに、ペンはあっちにある」といった状況です。

片付けしたては大丈夫かもしれませんが次第に「あれ何処に合ったっけ?」と探し回ることもあります。

その時に収納しているものから出して探すことになると散らかりますし、その後収納し直すのは面倒くさいと思います。

四角い収納用品でまとめる

多くの部屋は四角い部屋だと思います。

四角い部屋なのに丸い収納用品を使ってしますと、角においた時に無駄なスペースができてしまいます。

その無駄なスペースを無くし、スッキリ収納するために四角い収納用品でまとめましょう。

四角い収納用品を購入するときにのポイントは、横幅を統一することです。

せっかく四角いものを使っていても横幅が揃っていないと重ねていくにつれてガタガタになり、見た目の悪さもそうですが無駄なスペースができてしまいます。

物が捨てられない時は1年間を振り返ろう

中には物を捨てるのが苦手な方もいるでしょう。

僕は昔はそうでした。

「最近は使ってないけど、いつか使うかも…」

「捨てるの勿体ないな〜、寂しいな〜」

こんな風に思ってしまうのは仕方ありませんが、時にはビシッと断舎離しましょう。

そんな時に試してもらいたいのが1年間を振り返ることです。

この1年間で使ったものと使わなかったものとで分けます。

「最近は使ってないけど、いつか使うかも…」と思う気持ちもありますが1年間使わなかったら正直使うことはないです。

思い切って断捨離しましょう。

断舎離するとはいえ、思い出の物もあるでしょう。思い出の品の場合は例外なので次で紹介します。

思い出の物は思い出ボックスに

これは思い出というものがあるでしょう。

旅先で買った物、小学生の頃に作った物など誰にでも思い出の物はあるでしょう。

思い出の物だけしまう思い出ボックスを別で用意して、そこにまとめてしまうと部屋をスッキリかつ思い出も残しておくことが出来ます。

そのときに忘れないでほしいことが、思い出ボックスを作る際も四角い収容納品、幅を揃えるということを意識しましょう。

まとめ

今回は、僕が実践した部屋を片付けてスッキリさせる方法を5つの手順で紹介しました。

  1. 全部出す
  2. 要らない物を捨てる
  3. 普段使うものと使わないものとを分ける
  4. 使うタイミング別に分ける
  5. 四角い収納用品でまとめる

ぜひこの機会に部屋をスッキリさせて、自宅でも気持ちよく過ごしてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です